銅線

銅線類の買取について

電線と呼ばれるもののほとんどは、中に銅線が入っています。工場やビルなどの建物解体時に残った廃電線や、引き込み時に余った端材の電線くずなど、不要な電線がありましたら、MetalMartまでお問い合わせください。高圧ケーブルなど太いものほど中の銅が多く、高値でお買取可能です。ただし、キャブタイヤケーブルのように太くても銅線が少ない場合もありますのでご注意ください。

その他、銅線の種類によっても買取価格は異なります。お持ち込みは少量からでも大歓迎ですので、お気軽にご連絡ください。

銅線類が含まれるもの

銅は電気を通しやすく、電線の芯として使われています。また、熱を伝えやすいという性質もあり、エアコンの配管やラジエーターにも使用されています。その他、耐食性が高いことで風雨にさらされる屋根でも活躍。赤銅色の美しさから美術品などにも使用されています。

銅線類の種類

銅線類の種類としては、ピカ線や銅線、雑線、家電線などがあります。買取価格は日々変動していますので、リアルタイムの価格についてはコチラをご確認ください。

ピカ線

ピカ線(特一号銅線、ピカ銅)は、銅線類の中でももっとも高値で取引されます。電線から被覆(皮)を取り除いた状態で、1本の断面が1.3mm以上あるものがピカ線と呼ばれます。ただし、メッキやエナメル加工、劣化、油の付着などがあるものは対象外です。

ピカ線画像


銅線(50%~80%)

いわゆる電線などを指します。銅率により、価格は異なります。

銅線画像


雑線

銅率40%程度のVA線などを指します。

雑線画像


家電線

家電製品のコード類です。さしこみプラグはついていても問題ありませんが、
ACアダプターやタップなどは不採引きとなります。

ダルマ線画像


買取価格一覧

お取引方法について 各種お取引の流れ

092-513-3160

インターネットからの受付はこちら!